幼いころから漫画が大好きで、将来の夢は漫画家になることだったというKさん。
ひとつずつ道具を揃え、学生の頃にはオリジナル作品を雑誌に投稿していたと聞きます。

そんなKさんのやりたいことというと、やはり漫画を描くこと。
先日、彼女のフロアの入居者様が誕生日を迎えられ、お祝いのケーキの他、その方の人生を綴った漫画をプレゼントさせていただきました。




戦争が終わったらおしゃれがしたいと夢見る、もんぺ姿の女学生時代。
就職後、近所の人からお見合いを進められた娘時代。
ふたりの子宝に恵まれ、料理や裁縫に精を出した子育て時代。
そして、元気の家に入所するまでの、次女様との2人暮らしの時代……。

サプライズは大成功。
入居者様も娘様にも、とても喜んでいただけたプレゼントになりました。

主人公(入居者様)の時代背景を知るための資料収集こそ大変だったそうですが、
ストーリー作りやセリフはアイディアがぽんぽん出てきたとのこと。


20180616_103928.jpg


「人それぞれの人生と真剣に向き合うことができて、いい勉強になったし、楽しかったです。」

そんなKさんに「見事に特技を活かせたで賞」!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |